メラニンとレーザー

女性の顔と手

医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するという特性を生かして脱毛していきます。 黒いムダ毛にはメラニンが含まれているため、レーザーがそれに反応してムダ毛の元を破壊してくれます。 また、日焼けした肌にもメラニンが含まれているため、その状態で医療レーザー脱毛を受けてしまうと、肌にも反応してしまって肌が火傷してしまうので、日焼けしていると脱毛を受ける事ができません。 また、シミやほくろ、色素沈着もメラニンが含まれているため、あまり濃いものだと、避けて照射したり、小さいものは保護テープを貼るなどして施術が行なわれます。 ただし、広範囲に広がっていたりあまりにも数が多いと、施術が困難になってしまいます。 脱毛できるかどうか不安な場合は、まずカウンセリングに行って確認してみるのがおすすめです。

医療レーザー脱毛を受ける当日までに、ムダ毛はシェービングしておくのが基本です。 皮膚の上にムダ毛が伸びた状態だと、毛根までレーザーが届かなかったり、皮膚がやけどしてしまう場合があるため、きちんとシェービングしておくのが大切です。 また、抜く方法でお手入れしてしまうと、毛根がないためレーザーでは脱毛不可能になってしまいます。 そして、毛周期を乱してしまう原因にもなりますので、医療レーザー脱毛中はムダ毛を抜くお手入れは厳禁です。 また、体調が悪い時の脱毛はおすすめできません。 肌にどのようなトラブルが起きるか解りませんし、レーザーの熱で発熱してしまう場合もあります。 体調が悪い時は予約をずらしてもらうなどして、体調が万全の時に行なうのが良いでしょう。